Icon SNS SNS

toggle menu toggle menu toggle menu

MENU

PREVIEW

初の個人タイトル獲得へ期待がかかる桑原選手の打席に注目!

広島東洋カープ(56勝66敗11分) vs. 横浜DeNAベイスターズ(52勝68敗15分)
大瀬良 大地(8勝5敗 防御率3.02) 予告先発 F.ロメロ(4勝2敗 防御率3.18)
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島 試合開始18:00

 昨夜は3点を先制されるも、5回表に6安打を集中させ7得点で逆転。その後も2点を追加し、投手陣が6点のリードを守って対広島東洋カープの連敗を4でストップさせた。今日の試合でも、打線がつながり2カード連続での勝ち越しを狙いたい。期待が集まる打撃陣の中で注目したいのは、現在首位打者争いに加わる桑原将志選手だ。現在打率リーグトップの広島・鈴木誠也選手とは4厘差。相手の成績も関係するが、残り8試合で1本でも多くのヒットを積み重ねたいところだ。そんな桑原選手の最近5試合の成績を見ると、打率313、1本塁打、3打点。マルチ安打以上は1試合、ノーヒットの試合もあったが、5試合すべてで出塁とリードオフマンとしての存在感を示した。初のタイトル獲得へ向け奮闘する桑原選手から今後も目が離せない。

 横浜DeNAベイスターズの先発は、自身5連勝を目指すF.ロメロ選手。前回の登板では、8回を投げ3失点と先発としての役目を果たして白星を挙げた。そんなロメロ選手が今季広島戦に登板するのは2度目。5月14日の試合で先発しており、このときは3回2/3を投げ被安打6、失点5(自責2)で黒星を喫した。このときは毎回ランナーを背負う苦しいピッチングで4四球とやや制球に苦しんだ印象も強かった。しかし、後半戦負けなしと好投が続く今なら前回のリベンジを果たせるに違いない。試合前には、「チームに勢いを与えられるような投球をしたいです」と力強いコメントを残したロメロ選手が、広島打線をどう抑えてくれるか注目したい。

 広島の先発は、9勝目を狙う大瀬良大地選手。今季ベイスターズ戦には4度先発し2勝0敗。防御率は1点台とベイスターズ打撃陣が抑えられている印象が強い。そんな大瀬良選手だが、マツダスタジアムでのベイスターズ戦では今季勝利を挙げられていない。しかも、本拠地でのベイスターズ戦通算成績を見ても20試合で0勝6敗と白星がない状況だ。チームとしてはこのデータを味方につけて、勝利につなげてもらいたい。

DB桑原将志 最近5試合全打席

日付 相手 打数 安打 打点
10/8 2 1 3 空三振 四球① 四球 左本② 四球 ・・・
/9 2 0 0 四球 三ゴ 四球 一ゴ ・・・ ・・・
/10 4 2 0 四球 空三振 捕邪飛 左安 右安 ・・・
/12 3 1 0 死球 中飛 一邪飛 二安 ・・・ ・・・
/13 5 1 0 三直 中安 四球 三振 三振 左飛

2021年5月14日 C-DB7回戦 C打線 vs. DB F.ロメロ 打席結果

打順 位置 選手名 打数 安打 打点 1回 2回 3回 4回
1 (二) 菊池 1 1 0 左2 四球 ・・・ 四球
2 (中) 羽月 3 1 2 遊ゴ 右2② ・・・ 遊ゴ
3 (右) 鈴木誠 2 0 0 空三振 遊ゴ ・・・ 四球
4 (一) 松山 3 1 2 空三振 ・・・ 遊ゴ 中安②
5 (左) 西川 2 0 0 ・・・ 一ゴ失 三ゴ ・・・
6 (三) 安部 1 0 0 ・・・ 二ゴ失 四球 ・・・
7 (遊) 小園 2 1 1 ・・・ 右安① 遊ゴ ・・・
8 (捕) 石原 2 1 0 ・・・ 左安 ・・・ 一飛
9 (投) 高橋昂 1 1 0 ・・・ 投犠打 ・・・ 中安

大瀬良大地 横浜DeNA戦今季全登板成績

日付 球場 スコア 登板 勝敗 投回 打者 投球 被安 被本 三振 四死 失点 自責
21.4.2 横浜 0-4 先発 7 23 76 3 0 7 0 0 0
7.6 マツダ 4-2 先発 -- 7 26 106 3 1 3 2 2 2
9.18 マツダ 4-2 先発 -- 7 26 93 4 0 6 1 1 1
9.24 横浜 2-9 先発 7.2 31 117 6 1 3 2 2 2
4試合2勝0敗 1.57 28.2 106 -- 16 2 19 5 5 5
  • スコア左が横浜DeNA
top