戻る

奄美キャンプ便り
現地メディアならではの情報をご紹介します!

『南海日日新聞社』、『奄美新聞社』、『特定非営利活動法人 まち色』のご協力により、現地からの情報をお届けします!

2017年11月14日(火)

■小中学生対象に野球教室


横浜DeNAの選手が見つめる中、ピッチングを練習する小学生

奄美空港で歓迎セレモニー

プロ野球・横浜DeNAベイスターズの選手22人が12日、奄美市名瀬の名瀬運動公園で、小中学生を対象に野球教室を開いた。小中学生約160人が参加した。

横浜DeNAは、3日から19日までの日程で、同運動公園を拠点に秋季キャンプを実施しており、野球教室を開いたのは秋季キャンプに参加している選手。

ピッチングや守備、バッティングなどを指導。選手たちは気さくに声をかけるなどして指導し、小中学生は教わったことを練習するなどした。

交笠利中2年の濵崎圭吾君は「選手たちは体が大きかった。今日は少し緊張したけど、教わったことを練習などに生かしていきたい」と話していた。

(11月14日付 奄美新聞)

記事のPDFはコチラ