戻る

奄美キャンプ便り
現地メディアならではの情報をご紹介します!

『南海日日新聞社』、『奄美新聞社』、『特定非営利活動法人 まち色』のご協力により、現地からの情報をお届けします!

2017年11月13日(月)

■寮生と心のキャッチボール


サイン会やキャッチボールで交流した寮生と選手たち=12日、奄美市名瀬

奄美市の白百合の寮訪問

奄美市名瀬で秋季キャンプ中のプロ野球・横浜DeNAベイスターズは12日、市内の児童養護施設・カリタスの園「白百合の寮」(中尾久美子施設長)を訪問した。砂田毅樹投手、狩野行寿内野手、百瀬大騎内野手、関根大気外野手が訪れ、寮内の球児らに「野球が好きという強い気持ちを忘れずに練習に励み、壁を突破して」などと語り掛けた。

白百合の寮での交流会は若手選手の奄美キャンプ恒例行事。サイン会やキャッチボールを行ったほか、砂田選手と百瀬選手が模範ピッチングを披露した。

球団の日本シリーズ戦をテレビの前で応援していた子どもたちは目を輝かせて交流を楽しんだ。選手からはボールと応援グッズのプレゼントもあった。

交流会の最後は奄美高校野球部の元山翼さん(18)が寮生を代表し、「みんな特別な思いでベイスターズを見ている。奄美でさらに力をつけ、来年は優勝を目指してほしい。奄美から応援しています」と選手たちにエールを送った。

(11月13日付 南海日日新聞)

記事のPDFはコチラ