2017/9/8

宮﨑敏郎選手「8月度スカパー!サヨナラ賞」受賞

この度、月間「スカパー!サヨナラ賞」(協賛:スカパーJSAT株式会社)の8月度受賞選手が決定し、セントラル・リーグからは横浜DeNAベイスターズ宮﨑敏郎選手が初受賞をしました。

DeNAベイスターズからの受賞は、2016年7月度の筒香嘉智選手以来3人目です。

宮﨑敏郎手コメント

「自分が受賞できたことに凄く驚いているのと、光栄なことだと感じています。8月22日の試合は筒香選手、J.ロペス選手が本塁打で繋いでくれて、いい緊張感のなかで打席に入れたことを覚えています。史上初3者連続本塁打でのサヨナラ勝ちの一員になれたことに嬉しく思います。残り試合も少なくなり、一日一日が大切で気を抜けない試合が続きます。ひとつでも上の順位を目指して、チーム一丸となり後ろを向くことなく頑張っていきます」

受賞理由

宮﨑選手は、8月22日(火)横浜スタジアムで行われた対広島東洋カープ18回戦、5対5で迎えた9回裏無死走者なしの場面で打席に立ち、左中間へ劇的なサヨナラ本塁打を放ちました。
この試合、横浜DeNAベイスターズは、初回に先取点を挙げるものの投手陣が8回までに5点を与えてしまい、完全に相手に主導権を握られました。8回に嶺井選手が本塁打を放ち1点を返しますが、8回を終わって2対5と3点のビハインドのまま9回の攻撃に入ります。9回裏、先頭の柴田選手が安打で出塁し、続く筒香選手が2点本塁打を放ち1点差に迫ると、続くJ.ロペス選手にもソロ本塁打が飛び出し、試合を一気に振り出しに戻します。2者連続本塁打の同点で観客の期待が最高潮に達したなか、宮﨑選手に打席が回ると、1ストライクからの2球目を左中間スタンドへ運び、劇的な3者連続本塁打で試合を決めました。宮﨑選手は自身初のサヨナラ打。また、3者連続本塁打でのサヨナラ勝ちは、プロ野球史上初の快挙となります。

 月間「スカパー!サヨナラ賞」とは・・・ 

月間「スカパー!サヨナラ賞」は、月間を通じて最もインパクトのあるサヨナラ打等を放った選手に贈られる賞として2012年に制定されました。スカパー!は、2006年シーズンから「プロ野球セ・パ両リーグ公式戦全試合、プレイボールからゲームセットまで放送」(トップ&リレー、録画放送を含む)を掲げており、「試合終了最後の1球まで真剣勝負をお届けするスカパー!」から多くのファンに、プロ野球中継最大の魅力を伝えることができ、それがプロ野球界発展の一助となると考え、本賞へ協賛しています。また、同様の趣旨のもと2009年シーズンから、レギュラーシーズンを通じて最も劇的なサヨナラ本塁打、またはサヨナラ安打等を放った選手に贈られる賞として「スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞年間大賞」を制定しています。

関連情報